タグ: ネタに困る

ほう、を日常に。評論サークルSORAです。

コミックマーケット98(コミケ・春コミ・C98)が、感染症(COVID-19、新型コロナウイルス)の蔓延防止のためという事情で、史上初の中止に追い込まれました。コミティア、文学フリマ東京など中止になった同人誌即売会は多く、同人界にとっても作家にとっても大きな打撃です。うがい・手洗いと、できる人は在宅勤務する…くらいしか対抗策がないのが歯がゆいです。

こういうときこそ同人誌の原稿執筆を進め、来たるべき時に備えたいと思います。

さて、当サークルでは、COVID-19の感染などがひと段落し、政府・東京都などからその旨の宣言などが出るという条件において、次回コミックマーケット99(冬コミ・C99)にサークル参加申込をする予定です。

当サークルは、構想中(執筆が止まっているともいう)の同人誌がだんだん増えてきました。

  1. パワハラ本 →訴訟資料を1回読み込んだが、全体のストーリー構築に苦戦。外部作家さん、知人の弁護士のご指導も仰いだが難航しています。フィクションであることを放棄して事実の忠実な描写にすることも考えましたが、当企画はもともとコミカライズが前提で、コミカライズとしてはページ数が多くなりすぎるので不可能でしょう。
  2. セクハラ本 →訴訟資料を読み込んだが、サークル代表のやる気に火がつかずこれも苦戦。いったん「着火」すれば3ヶ月程度の執筆期間でできそうな見込みではある。
  3. 幸福追求権本 →サークル代表が法学部に入学し、さらに知人の弁護士に検討してもらったが、憲法の解釈に忠実なフィクションにする場合、サークル代表の力では面白みに欠ける話しかできないことがわかり悩んでいる。2020年4月時点では、2年程度の勉強が必要と見積もっています。
  4. 安全配慮義務本(Complete Edition) →判例を並べるだけでなく、個別の交渉やユニオンでの団体交渉などに活かせる内容としたい。労働判例百選掲載の判例は一応検討したが、より広く読み込む必要があります。
  5. 労働条件の不利益変更対抗本 →協力デザイナーさんと2名で「労働条件の不利益変更」セミナーを受講しました。しかしこれも、上記同様、判例を並べるだけにはしたくありません。難しい…。

宿題は上の5つで、どれをC99に出せるかは今日現在では分かりません。執筆時間が短く済みそうなのは(5)労働条件の不利益変更本です。(2)セクハラ本も、やる気に着火できて漫画家さんの都合が付けばそれほど時間はかからないかも。ですが、当サークル代表はなかなかやる気に着火できず、着火したときはその時その時に降ってきたアイディアに従っているので、できる保証がないです…。orz

C99申込時、当落発表時、新刊進捗は、サークルTwitter @circleSORA とこのサークル公式サイトでお伝えします。期待せずにお待ち下さい。