タグ: やるやる詐欺

ほう、を日常に。評論サークルSORAです。

コミックマーケット98(コミケ・春コミ・C98)についで、冬コミ(C99)も中止が発表されてしまいましたね。

COVID-19(新型コロナウイルス)騒動の終わりが見えません。サークル代表の勤務先でもすっかり在宅勤務がデフォルトになってしまいました。在宅勤務ができない職種の皆様のご心痛はいかばかりかと思います。

当サークルでは、COVID-19感染が収束し、政府・東京都などからその旨の宣言などが出るという条件において、次回コミックマーケット100(次回春コミ・C100。2021年春)にサークル参加申込をする予定です。

構想中(執筆が止まっているともいう)の同人誌は前回記事で書いた通りで変更はありません。なかなかネタが降りてこなくて苦しんでいます…。

  1. パワハラ対策本
  2. セクハラ対策本
  3. 幸福追求権本
  4. 安全配慮義務本(Complete Edition)
  5. 労働条件の不利益変更対抗本

コミケ申込時、当落発表時、新刊進捗は、サークルTwitter @circleSORA とこのサークル公式サイトでお伝えします。期待せずにお待ちください。

ほう、を日常に。評論サークルSORAです。
冬のコミケ(コミックマーケット、C89)の当落判明は11月初旬。そして会期まで、もう2ヶ月しかありません…。

現在当サークルでは、冬のコミケに向けて、鋭意新刊の執筆作業を進めています。数年前から「やるやる詐欺」になっている「過重労働・労働災害」本は、取材した訴訟資料(準備書面)にやっと目を通し終わりました。しかし、同人誌に掲載するマンガの原作が遅れています。マンガはサークル外の漫画家さんに制作を依頼しているので、わかりやすい原作が必要です。しかし、会社のために危うく命を落とす寸前まで過労を重ねた方が複数登場する話であることから心は重くなります。どのシーンに重点を置くかでも悩んでいるのです。

一方で、訴訟資料が比較的充実しているシンプルな事件に取材した「目標管理制度と解雇」本の企画では、マンガの原作は既に完成。ただいま、漫画家さんがネームラフを制作中です。

コミケに新刊2つというのはかなり野心的です。当サークルの今までの行状を見ると、サークルカットで予告した本がまず出ていませんし、同時2冊刊行は無理に近いです。しかし、サークル代表はあきらめが悪いので、もう少しあがいてみるつもりでいます。